心と体をリフレッシュ

旅の思い出を残すなら「撮るだけフォトブック」が便利&高品質でおすすめ!

SHESAIDのイラスト

旅行に出かけると、旅の思い出を残すために写真を撮ることが多いですよね。

後から見返すと、まるで旅行先のたのしさや記憶がよみがえるようで、思わずうれしくなってしまうものです。

現代では高性能のカメラを内蔵したスマホが普及したせいか、そういった思い出の写真を印刷せずに、データのまま保存しておく風潮にあります。

しかし、写真のデータ保存はまったくもっておすすめできません。

なぜなら、データは永遠ではなく、破損したり、スマホを新調するときに紛失してしまったりと、さまざまなリスクを持っているからです。

そこでおすすめするのが「フォトブック」で、スマホやデジカメのデータをネット上で印刷し、アルバムのようにしてくれるサービスのことを言います。

本記事では、中でも高品質なフォトブックが作れると評判の「撮るだけフォトブック」について解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【撮るだけフォトブック】

アルバムとフォトブックの違い

はじめに、アルバムとフォトブックの違いについてお伝えしていきます。

わたしたちが写真を保管すると言われたら真っ先に思いつくのがアルバムですよね。

印刷した写真を直接台紙に張り付け、フィルムでカバーして閉じる。

これがアルバムですが、一方のフォトブックは似ているようで異なります。

フォトブックはアルバムとはまったくの別物

写真を貼り付けるアルバムに対して、フォトブックはアルバムのような台紙に直接写真を印刷します。

少しわかりにくいですね。

A4サイズの紙に写真を印刷すると言えばわかりやすいでしょうか。

その印刷する紙がすでにアルバムのような冊子状になっているのです。

ネット上で専門の業者に注文することで、写真が直接印刷されたアルバムが届くと思ってもらえればOKです。

フォトブックのメリット

フォトブックにはさまざまなメリットがあります。

たとえば、厳密には写真ではないので、色あせなどの劣化がしにくい特徴があり、水濡れにも強い特徴をもっています。

なによりアルバムのように11枚貼り付ける作業がないので、わたしたちは写真を撮って注文するだけという手間いらずです。

プロの手によるデザイン性あふれるアルバムが格安で注文できるのも、大きなメリットと言えます。

「撮るだけフォトブック」がおすすめの理由

フォトブックについて理解できたところで、本記事がおすすめする「撮るだけフォトブック」がなぜおすすめなのか、その理由についてここからはお伝えしていきます。

メモ

そもそも「撮るだけフォトブック」とは、ワンランク上の高品質フォトブックを売りに展開している会社で、旅行写真はもちろん、結婚式、ハネムーン、出産、子供のイベント事など、様々なニーズに対応していると最近注目のフォトブック業者です。

撮るだけフォトブックの特徴

撮るだけフォトブックにはいくつの特徴があります。

7色印刷のダイヤモンドクオリティによる高品質な仕上がり、スマホ・パソコンの両方で操作可能な無料ソフト、多数用意されたレイアウトとテンプレートなど、ユーザーが「こうだったらいいな」という要望をしっかりフォローしているため、人気があるのでしょう。

これらの特徴は、当たり前のようで当たり前ではなく、ほかの業者では請け負っていない会社もあることから、撮るだけフォトブックのサービスの充実度が伺えます。

撮るだけフォトブックはなぜおすすめ?

前置きが長くなってしまいましたが、撮るだけフォトブックがおすすめの理由は3つあります。

  1. 高品質印刷による作品のクオリティが高い
  2. アルバムほど収納スペースが必要ない
  3. 豊富なテンプレートで自由にレイアウトできる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①高品質印刷による作品のクオリティが高い

何度もお伝えしている通り、撮るだけフォトブックの印刷はかなり高品質です。

7色印刷は、普通のご家庭にあるようなプリンターでは対応している機種がほぼないので、それだけで高画質に印刷できることがわかりますよね。

比べる機会があれば、7色印刷の写真と普通の写真を見比べてみてください。

違いが一目瞭然で分かるはずです。

ポイント

4色印刷と7色印刷を選択することはできますが、せっかく想い出を写真として残しておくわけですから、多少費用がかかったとしても高画質で残しておいた方が、後々後悔しないで済むのではないでしょうか。

②アルバムほど収納スペースが必要ない

アルバムと言えば、分厚い本のようなイメージだと思いますが、一方のフォトブックはアルバムに比べてかなり薄いので、収納スペースがアルバムほど必要ありません。

どうしても台紙に厚みがあるアルバムは、本体が厚くなりがちです。

それに対してフォトブックは、台紙に直接印刷する分、厚みを必要としないため、かなり省エネ設計になっています。

アルバムの場合、増えれば置き場所にも困りますし、なにより重たいので、あとから見返そうという気になかなかなりませんが、フォトブックならデザインもおしゃれですし、手軽に手の届く場所に置いておいても違和感がなく、収納スペースもとらないので、いつでも見返すことができますよ。

③豊富なテンプレートで自由にレイアウトできる

撮るだけフォトブックがおすすめの最大の理由は、用意されているテンプレートが豊富で、自由なレイアウトが可能だからです。

ポイント

公式サイトにある、無料でダウンロードできる専用ソフトを利用して撮った写真をテンプレートに当てはめたり、写真の大きさを自由に変えたりと、自由度がかなり高く、簡単にプロが作ったようなフォトブックを作成することができます。

テキストを入れたりもできるので、あなただけの1冊が手軽に作れるのが魅力です。

撮るだけフォトブックの申し込み方法と料金

最後に、撮るだけフォトブックの申し込み方法と料金についてもお伝えしておきます。

せっかく良いサービスでも、注文の仕方が複雑だったり、料金が高すぎるのでは申し込みするまでのハードルが高すぎて、購入する気がなくなってしまいますよね。

ここでしっかり条件に合うかチェックしておきましょう。

撮るだけフォトブックの申し込み方法

撮るだけフォトブックを申し込むには、事前の準備が必要になります。

step
1
フォトブックを作るための写真をパソコンorスマホに取り込んでおく

step
2
公式サイトにアクセスし、無料編集ソフトをダウンロードする

step
3
ソフトを使ってフォトブックを作成(ドラッグ&ドロップで簡単に作れます)

step
4
「オーダー」ボタンを押して必要な情報を登録(ユーザー情報や注文数、届け先、支払い方法など)

step
5
申し込み完了

以上の5ステップで完了です。

手元に届くまでに5日~程度はかかるので、ギフトとして贈る場合は、あらかじめ日程を確認しておいた方が良いでしょう。

撮るだけフォトブックの料金一覧

撮るだけフォトブックの料金を下記に一覧としてまとめておきましたので、ぜひ参考にしてください。

 

パソコン

スマホ

A4サイズ(ソフトカバー)

2,800円~

サイズ:210×297mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+240

2,800円~

サイズ:210×297mm

最小ページ数:20ページ

20ページ:2,800

30ページ:4,000

40ページ:5,200

60ページ:7,600

80ページ:10,000

A4サイズ(ハードカバー)

4,200円~

サイズ:200×268mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+240

4,200円~

サイズ:200×268mm

最小ページ数:20ページ

20ページ:4,200

30ページ:5,400

40ページ:6,600

80ページ:11,400

Mサイズ(ハードカバー)

3,800円~

サイズ200×200mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+240

なし

A5パノラマ(ソフトカバー)

1,500円~

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+150

1,800円~

サイズ:200×140mm

最小ページ数:20ページ

20ページ:1,800

30ページ:2,600

40ページ:3,400

60ページ:5,000

80ページ:6,600

A5パノラマ(ハードカバー)

2,800円~

サイズ:200mm×140mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+150

2,800円~

サイズ200mm×140mm

最小ページ数:20ページ

20ページ:2,800

30ページ:3,600

40ページ:4,400

60ページ:6,000

80ページ:7,600

A5バーチカル(ソフトカバー)

1,500円~

サイズ:140mm×200mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+150

準備中

Aパーチカル(ハードカバー)

2,800円~

サイズ:140mm×200mm

最小ページ数:16ページ

最大ページ数:80ページ

※2ページ追加ごとに+150

準備中

ウェルカムボード・パネル

7,500円~

サイズ:297mm×420mm

額サイズ:385mm×505mm

なし



まとめ

撮るだけフォトブックについてお伝えしてきましたが、写真を撮る機会が多くなった現代だからこそ、このように印刷物として残しておく必要があります。

データでの保存はリスクの方が大きく、手軽さだけがやや先行してしまっている印象です。

大切な思い出がなくなってしまったら?

その日、その時、その瞬間は写真でしか切り取ることはできません。

あなたの大切な旅行の思い出を、あらためてフォトブックとして保存しておいてはいかがでしょうか。

SHESAIDのイラスト

2022/5/15

Vtuberなどで使えるアバター(バ美肉)をつくる方法とは?

最近、Vtuberが投げ銭で大金を稼いでいるという話題を耳にします。また、「バ美肉おじさん」という言葉を聞いたことはありませんか? このようなアバターを使ったVtuberを自分でもやってみたいと思ったことありませんか? まず、Vtuberを始めるためには、あなたの分身となるアバターをつくる必要があります。 今回は、Vtuberなどで使用するアバター(バ美肉)をつくる方法を紹介します。 アバター(バ美肉)とは アバターとは、ゲームやネットの中でつかう自分自身の「分身」をあらわすキャラクターのことです。 アバ ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/4/9

ニンテンドースイッチ、スマホでカラオケする方法を解説。

最近なにかとストレスがたまっていませんか? いろいろなイベントや催し物に影響が出ています。 例えば、この昨年の忘年会が中止になった方もいるかもしれません。 宴会で楽しむカラオケも、いわゆる密です。行けないことがあります。 そんなカラオケに行きづらい、ストレスのたまるご時世でも、カラオケでストレスを発散したい。 そのような方にオススメするのが、自宅でカラオケする方法です。 特に今回紹介する「ニンテンドースイッチでカラオケ」なら、外部の人と接触することなく、家族だけで楽しめます。これならカラオケができそうです ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/4/8

最近話題の『メタバース』で働きませんか?

最近、Facebook社が社名をMetaに変更したことで、注目を浴びるようになったメタバースですが、メタバースの中で仕事ができるということを知っていますか? 今回は、メタバースの基礎知識から実際にメタバース内でどのような仕事ができるのかなどを紹介したいと思います。 メタバースとは メタバースとは、インターネット上で現実とは異なる3次元の仮想空間のことです。メタバースの空間はコンピュータグラフィックス(CG)で制作されています。 メタバースという言葉は、現実世界とはかけ離れた「超越した(メタ)世界」と、空間 ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/3/12

ライトノベルを一気読みするなら紙の本?電子書籍?おすすめのストアもご紹介!

ライトノベルが好きでまとめ買いしたいけど、紙の本か電子書籍どっちがお得なんだろうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、紙の本、電子書籍、それぞれのメリットやデメリット、おすすめのストアなどを紹介していきます。 紙の本のメリット まずは、紙の本のメリットから。 手元に残る 紙の本の大きなメリットは、手元に残るということです。家で保管していれば、いつでも好きな時に読むことができますね。 読書に集中できる 紙の本を読む時は両手を使うので、他のことに気を取られることがなく読書に集中することがで ...

ReadMore

SHE SAIDのイラスト

2022/2/28

ハンコンでレーシングゲームをすればリアリティーが段違い!ハンコンに注目。

レーシングゲームに興味がある方はいませんか? グランツーリスモなど、有名なソフトも多いジャンルですよね。 ゲームセンターでは実際の車に乗っているかのような体験ができる機種があり、リアリティのある操作感を体験できます。 レーシングゲームをするなら、やはり実際に運転している感覚を得たいものです。 あのゲームセンターのレーシングゲームを家庭でも体験できるコントローラーがあるのをご存じでしょうか? その名は「ハンコン」。ハンドル型のコントローラーです。 ハンコンを使えばよりリアリティのある操作が得られます。 しか ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

SHESAID

おすすめゲーム機

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)

今、任天堂の家庭用ゲーム機と言えばこれ「ニンテンドースイッチ」。本体にタッチスクリーンが搭載されているので家の中ではもちろん、テレビがない場所でも遊べるのが特徴です。『大乱闘スマッシュブラザーズ』『スプラトゥーン』『あつまれ どうぶつの森』『マインクラフト』など定番人気ソフトが遊べます。また色鮮やかな画面で楽しめる有機ELモデルがおすすめです。

メガドライブミニW

メガドライブミニは,家庭用ゲーム機として1988年に発売された「メガドライブ」をもとに開発されたミニゲーム機です。メガドライブミニWは「ファイティングパッド6B(ゲームコントローラー)」が2つ同梱されているタイプです。『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』『ぷよぷよ通』『ファンタジーゾーン』などメガドライブの名作40タイトル(+新規タイトル2本)が収録されています。

Nintendo Switch Lite

ニンテンドースイッチライト」はコントローラーと本体を一体化させることで、小型化、軽量化して外に持ち運びやすくなった携帯専用のニンテンドースイッチです。

携帯モードでプレイできるすべてのNintendo Switchソフトに対応しているので、家族や友達がすでにニンテンドースイッチをお持ちなら、インターネットやローカル通信でのマルチプレイが楽しめるのでおすすめです。

-心と体をリフレッシュ
-,

Translate »