仕事を効率化する

クリエイティブな職業にぴったりのおしゃれな名刺「whoo」は絶対に損しない!

SHESAIDのイラスト

サラリーマンにはさまざまな必須アイテムがありますが、中でも常に肌身離さず上着のポケットに忍び込ませておかなくてはならないのが「名刺」です。

一方、クリエイティブな職業の場合、相手の方も名刺を持っていないのを前提にしているケースをよく見かけるため、あまり必要としないように感じます。

しかし、どんなジャンルの相手とつながるかわからないのがクリエイティブな職業の世界ですから、名刺は持っていても損はしません。

では、実際に名刺を作るにしても、芸術性を売りにしている職業なのに、そこら辺のサラリーマンと変わらない、白地に名前や電話番号を記載したシンプルな名刺では格好がつかないと思いませんか?

そこでおすすめするのがwhooで、スマホからおしゃれなテンプレートに沿ってデザインするだけで、クリエイティブ感があふれ出る名刺を作ることができます。

本記事は、whooがなぜおすすめなのか、メリットやデメリット、価格などもまとめてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもwhooってどんなサービス?

まずは、whooとはどのようなサービスなのか、これについてお伝えしていきますね。

といっても、中身は非常にシンプルで、ネット上で名刺の作成を依頼できるサービスです。

現在ではwhooのようにネット注文で完結する名刺作成サービスはたくさありますが、whooにはほかにない大きな特徴を持っています。

とにかくおしゃれな名刺が作れる

Whooの最大の売りはなんといっても「おしゃれな名刺が作れる」ことにあります。

あらかじめ用意されているテンプレートがとてもおしゃれで、選ぶだけでもワクワクするほどです。

サイズも3種類あり、下記のようになっています。

Japan(日本サイズ):55×91mm

CUBE(キューブ):60×60mm

MINI(ミニ):28×70mm

Japanはよく見かけるサイズの名刺ですが、CUBEに関してはなかなか見かけないので、差別化ができてクリエイティブな職業にぴったりです。



簡単におしゃれな名刺が作れるwhooがおすすめな理由

whooをおすすめする理由は、特徴でもお伝えしたとおり、とにかくおしゃれな名刺が作れるからです。

クリエイティブな職業に就いているあなたが、サラリーマンと同じような名刺をさっと出しても、相手もいろんな意味で拍子抜けしてしまうはずです。

やはり芸術性に富んだ、もらった瞬間に「おっ!」と思わせることができるような名刺が好ましく、あなたのアーティスティックな部分をアピールすることにもつながります。

CUBEならかならず度肝を抜ける

とくにおすすめしたいのはCUBE」で、名前の通り60mm×60mmの四角い名刺は、もらった相手はかならずおどろきます。

「こんな名刺あるんだ。さすがクリエイティブな職業の人だ。」

と思わせるにはこれ以上ない名刺ですから、気になったら、ぜひ一度公式サイトで確認してみてくださいね。

whooのメリット・デメリットを徹底考察!

おしゃれな名刺で有名なwhooですが、メリットとデメリットがあります。

良い面ばかりではなく、悪い面も把握しておけば、自分に合うかどうかの判断材料になるので、しっかりとあたまに入れておきましょう。

whooのメリット

メリットに関しては、何度もお伝えしている通り、デザイン性のあるおしゃれな名刺が作れることに限ります。

他では見たことのない名刺を渡されると、だれでも関心したり、興味をもってもらえるので、クリエイティブな職業にはぴったりです。

Whooの名刺デザインは、世界中のデザイナーによる斬新なアイデアによって作られ、テンプレート化されています。

ポイント

つまり、ほかの人とかぶりにくい、自分だけのオリジナリティあふれる名刺が作れるわけです。

他にも、ハイクオリティなデジタル印刷や、スマホで気軽に操作・注文ができるのもユーザーとしては便利でうれしいですね。

whooのデメリット

かなり良いように感じるwhooにも、実はデメリットがあります。

それは、価格が高いことです。

価格の詳細については次の見出しで細かくお伝えしますが、たとえば、最小注文数である20枚でも、約3,000~と、かなり高額です。

最安値でも1枚あたり150円以上になるので、会う人会う人にジュースを1本ずつおごっているくらいの計算になります。

ただ、クオリティを考えるなら、これくらいの価格になるのは仕方がないような気もします。

「そんなわけもわからない印刷会社が作る名刺に、いきなりそんなにお金かけられないよ!」 という人もいるでしょうから、whooでは無料サンプルの配布も行っているので、価格に納得がいかないのであれば、取り寄せて現物を確認してみると良いかもしれません。

無料サンプルは、公式サイトで依頼することができます。

デメリットで考えるなら、価格だけではなく、もうひとつ気になるのが納期です。

発注してから56日程度はかかるので、急ぎで必要な場合は注意しなければなりません。

とはいえ、Amazonや楽天などの大手通販サイトの発送の速さが異常なだけで、受注してから製造、発送と考えると、特別遅いわけではないと個人的には思っています。

whooの価格まとめ

ハイクオリティな名刺が作れるwhooですが、デメリットでもお伝えしたとおり、価格はやや高めです。

まずは下記の価格表をごらんください。

作成枚数/名刺サイズ

Japan(日本サイズ)

CUBE

MINI

20枚

3,550円(1枚178円)

3,905円(税込み)

3,550円(1枚178円)

3,905円(税込み)

3,350円(1枚168円)

3,685円 (税込み)

50枚

4,580円(1枚92円)

5,038円(税込み)

4,580円(1枚92円)

5,038円(税込み)

4,460円(1枚89円)

4,906円(税込み)

100枚

5,080円(1枚51円)

5,588円(税込み)

5,080円(1枚51円)

5,588円(税込み)

4,860円(1枚49円)

5,346円(税込み)

200枚

8,900円(1枚45円)

9,790円(税込み)

8,900円(1枚45円)

9,790円(税込み)

8,300円(1枚42円)

9,130円(税込み)

印刷物の特徴として、発注枚数が増えれば増えるほど、1枚あたりの単価は安くなります。

それを考えると、最低発注数量の20枚で発注するのは得策ではなく、200枚で注文した方がはるかにお得です。

実際に比較してみると、20枚の場合、1枚当たりの単価が約170円なのに対し、200枚だと1/3以下の40円台まで下がります。 お試しで20枚発注すると損することになるので、無料サンプルでしっかりと確認してから発注するようにしましょう。

まとめ

おしゃれなデザインの名刺が作れる「whoo」についてお伝えしてきましたが、やはりクリエイティブな職業に就いているのであれば、かなりおすすめのサービスです。

ほかの同業者と差別化も図れますし、なにより配った人にクリエイターであることと、仕事ができそうな印象を与える効果が期待できます。

名刺は、言ってしまえばあなたのそのものです。

顔を売るということは、身だしなみをしっかり整えておくのはエチケットでありマナーでもあります。

仕事の依頼量にも直結することを考えて、whooで名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

詳しくはコチラ



SHESAIDのイラスト

2022/5/15

Vtuberなどで使えるアバター(バ美肉)をつくる方法とは?

最近、Vtuberが投げ銭で大金を稼いでいるという話題を耳にします。また、「バ美肉おじさん」という言葉を聞いたことはありませんか? このようなアバターを使ったVtuberを自分でもやってみたいと思ったことありませんか? まず、Vtuberを始めるためには、あなたの分身となるアバターをつくる必要があります。 今回は、Vtuberなどで使用するアバター(バ美肉)をつくる方法を紹介します。 アバター(バ美肉)とは アバターとは、ゲームやネットの中でつかう自分自身の「分身」をあらわすキャラクターのことです。 アバ ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/4/9

ニンテンドースイッチ、スマホでカラオケする方法を解説。

最近なにかとストレスがたまっていませんか? いろいろなイベントや催し物に影響が出ています。 例えば、この昨年の忘年会が中止になった方もいるかもしれません。 宴会で楽しむカラオケも、いわゆる密です。行けないことがあります。 そんなカラオケに行きづらい、ストレスのたまるご時世でも、カラオケでストレスを発散したい。 そのような方にオススメするのが、自宅でカラオケする方法です。 特に今回紹介する「ニンテンドースイッチでカラオケ」なら、外部の人と接触することなく、家族だけで楽しめます。これならカラオケができそうです ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/4/8

最近話題の『メタバース』で働きませんか?

最近、Facebook社が社名をMetaに変更したことで、注目を浴びるようになったメタバースですが、メタバースの中で仕事ができるということを知っていますか? 今回は、メタバースの基礎知識から実際にメタバース内でどのような仕事ができるのかなどを紹介したいと思います。 メタバースとは メタバースとは、インターネット上で現実とは異なる3次元の仮想空間のことです。メタバースの空間はコンピュータグラフィックス(CG)で制作されています。 メタバースという言葉は、現実世界とはかけ離れた「超越した(メタ)世界」と、空間 ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

2022/3/12

ライトノベルを一気読みするなら紙の本?電子書籍?おすすめのストアもご紹介!

ライトノベルが好きでまとめ買いしたいけど、紙の本か電子書籍どっちがお得なんだろうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、紙の本、電子書籍、それぞれのメリットやデメリット、おすすめのストアなどを紹介していきます。 紙の本のメリット まずは、紙の本のメリットから。 手元に残る 紙の本の大きなメリットは、手元に残るということです。家で保管していれば、いつでも好きな時に読むことができますね。 読書に集中できる 紙の本を読む時は両手を使うので、他のことに気を取られることがなく読書に集中することがで ...

ReadMore

SHE SAIDのイラスト

2022/2/28

ハンコンでレーシングゲームをすればリアリティーが段違い!ハンコンに注目。

レーシングゲームに興味がある方はいませんか? グランツーリスモなど、有名なソフトも多いジャンルですよね。 ゲームセンターでは実際の車に乗っているかのような体験ができる機種があり、リアリティのある操作感を体験できます。 レーシングゲームをするなら、やはり実際に運転している感覚を得たいものです。 あのゲームセンターのレーシングゲームを家庭でも体験できるコントローラーがあるのをご存じでしょうか? その名は「ハンコン」。ハンドル型のコントローラーです。 ハンコンを使えばよりリアリティのある操作が得られます。 しか ...

ReadMore

SHESAIDのイラスト

SHESAID

おすすめゲーム機

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)

今、任天堂の家庭用ゲーム機と言えばこれ「ニンテンドースイッチ」。本体にタッチスクリーンが搭載されているので家の中ではもちろん、テレビがない場所でも遊べるのが特徴です。『大乱闘スマッシュブラザーズ』『スプラトゥーン』『あつまれ どうぶつの森』『マインクラフト』など定番人気ソフトが遊べます。また色鮮やかな画面で楽しめる有機ELモデルがおすすめです。

メガドライブミニW

メガドライブミニは,家庭用ゲーム機として1988年に発売された「メガドライブ」をもとに開発されたミニゲーム機です。メガドライブミニWは「ファイティングパッド6B(ゲームコントローラー)」が2つ同梱されているタイプです。『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』『ぷよぷよ通』『ファンタジーゾーン』などメガドライブの名作40タイトル(+新規タイトル2本)が収録されています。

Nintendo Switch Lite

ニンテンドースイッチライト」はコントローラーと本体を一体化させることで、小型化、軽量化して外に持ち運びやすくなった携帯専用のニンテンドースイッチです。

携帯モードでプレイできるすべてのNintendo Switchソフトに対応しているので、家族や友達がすでにニンテンドースイッチをお持ちなら、インターネットやローカル通信でのマルチプレイが楽しめるのでおすすめです。

-仕事を効率化する
-, ,

Translate »