おすすめプリペイドカード

桃

アップルギフトカード

アップルギフトカードはiPhoneやMacBookなどのAppleの製品やapplemusicやappalearcadeなどの支払いに利用できます。

以前はappstore&itnunesギフトカードとapplestoreカードが分かれていてそれぞれ用途に制限がありましたが、アップルギフトカードではその制限がありません。

製品に使うことで余った残金をapplemusicで音楽を買うということができます。

また、アップルギフトカードは実店舗であればコンビニ、家電量販店、スーパー、アップルストア直営店で購入できます。

オンライン上だとアップルストアや楽天市場などで購入できます。

種類

あらかじめ金額が設定されているタイプと、自分で自由に金額を設定するタイプ(バリアブルカード)を選ぶことができます。

あらかじめ金額が設定されているタイプは

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 1万円

と分かれています。

また、自分で金額を指定して購入できるタイプは実店舗で購入する場合は1000円から50万円まで1円単位で指定して購入ができ、購入時に店員に希望の金額を伝えます。

オンラインで購入する場合は、1500円から5万円までとなっています。

アップルギフトカードからチャージする方法

アップルギフトカードであればケースから取り出し、アップルマークが書かれたカードが入っています。

そのアップルマークはステッカーになっており、カードから剥がしてコードを見ることができます。

一方でapple端末からappstoreを開き、右上の人型マーク(アイコン画像)を開き、アカウント画面にて「ギフトカードまたはコードを使う」を選択します。

そこで先ほどのコードをカメラで読み取るか手動で入力します。

利用方法

アップルギフトカードをチャージした残高をApp Storeで利用したい場合は、購入したいアプリの画面を開きの価格が表示されたボタンをタップし、Face IDやTouch IDで承認をしたら支払い完了です。

また、残高が不足している場合はクレジットカードから支払うことができます。

そして、アップルギフトカードをApple StoreにてApple IDの残高を利用して製品を購入する場合は、ほしい商品をバッグに入れ、画面の指示に従って配送オプションなどの設定を進めて購入できます。

サブスクリプションの料金に利用する場合、アップルギフトカードにチャージした残高があればクレジットカードよりも優先して支払われるため、更新日に自動的に引き落とされます。

また、更新日に自動的に引き落とされても確認のメールが届かず知らないうちに残高が減ってしまうということも起こります。

Amazonギフトカード

Amazonギフト券とも言って、Amazonのお買い物で使えます。

購入金額に応じてポイントが付与されたり、クレジットカードがなくても利用できたりするので、プレゼント用だけではなくAmazon内での自分の支払い手段として使う人も多くなっています。

有効期限

Amazonのアカウントにコードを登録してから確認でき有効期限は10年です。

そのため、amazonのギフトカードを購入した後では有効期限はわかりません。

ただ、有効期限が10年なので一般的な商品券と比べても長くありがたいです。

また、2017年4月24日以前に発行されたアマゾンギフトカードであれば有効期限が3年となっているので注意が必要です。

さらに、一度Amazonギフトカードを購入してしまうとどのような事情であっても返品ができません。

種類

種類は大きく分けてデジタルタイプと配送タイプに分かれています。

デジタルタイプ

デジタルタイプのアマゾンギフトカードであればネットが繋がっていればweb上でいつでも発行でき、ギフトとしても贈ることができ、購入時に配送先住所を設定すれば直接贈ることができます。

3種類あるためそれぞれご紹介します。

Eメールタイプ

Eメールや携帯のメッセージテキストにギフトコードを添付して送信できます。

デザインタイプも豊富です。

印刷タイプ

印刷タイプは購入後A4サイズの紙に印刷して手渡しでき、Webやアプリから購入するとPDF形式のギフト券リンクが送付され、リンクからダウンロード・印刷して利用します。

こちらもデザインが51種類と豊富です。

チャージタイプ

ギフト券残高に好きな金額を直接入金できます。

1度に5,000円以上チャージするとポイント還元され、自動チャージ機能もあるため便利でお得です。

配送タイプ

ギフトにおすすめできるタイプになります。

商品券タイプ

金券デザインで一般的な商品券と同じです。

500~50,000円まで選べることができ、デザインが選べる封筒が無料で付属しています。

ボックスタイプ

カップケーキなどの可愛らしいデザインからシンプルでフォーマルなデザインの箱や缶に入ったギフト券です。

金額は5,000~50,000円で指定でき、全てのデザインが無料で選べます。

封筒タイプ

さまざまなデザインから選べる封筒に入ったギフト券です。

封筒タイプには大きくわけで通常タイプとミニサイズの2種類があります。

ミニサイズは1,000円~50,000円、通常サイズは3,000円~50,000円と選べます。

蝶結びのしからシンプルなデザインまであり、ビジネスフォーマルな贈り物にもおすすめできます。

グリーティングカードタイプ

見開きデザインのamazonギフト券で1,000~5,000円から選べ、デザインは全部で28種類あります。

友達などのプレゼントするのにおすすめです。

マルチパック

10枚組のギフト券で1枚あたりの金額は5,000~50,000円から選べます。

カードタイプとグリーティングカードタイプがあるので、大人数に渡すプレゼント用におすすめです。

また、追加のラッピングも可能です。

ニンテンドープリペイドカード

任天堂が販売しているSwitch、3DS、Wii、Wii Uというゲーム機器用のソフトを購入できるカードになります。

有効期限がないためいつでも好きな時に利用ができます。

種類

6種類の額面のカード、カードの発行がないプリペイド番号があります。

限定のものや記念発売のものもあり、コード番号を入力すると特典が付いてくるものもあります。

金額の展開は以下になります。

  • 500円(ニンテンドープリペイド番号のみ)
  • 1,000円
  • 1,500円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 9,000円

しかし、コンビニなどの店舗で利用する場合には1,000円、2,000円、3,000円、5,000円の4種類となっています。

ニンテンドープリペイド番号のみの場合は、WebMoney PINCOMやau Online Shopで最低金額500円から購入できます。

そのほか以下でニンテンドープリペイドカードを購入できます。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • エディオン
  • イトーヨーカドー
  • ゲオ
  • Joshin
  • ソフマップ
  • ツタヤ
  • ノジマ
  • wondergoo
  • ブックスクウェア
  • 古本市場
  • ポケモンセンター、ストア
  • ビックカメラ 
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電気
  • エディオン
  • ドン・キホーテ
  • トイザらス
  • BitCash
  • 楽天ブックス

また、ニンテンドープリペイド番号の場合、購入後その番号を連絡することで友達などにプレゼントできます。

注意点

スーパーマリオランなどのスマホアプリでは利用できません。

そのため、アプリ内の課金であればiOS端末であればアップルカード、android端末であればgoogleplayカードが必要です。

ゲーム機ごとにしかニンテンドープリペイドカードはチャージできません。

つまり、複数のゲーム機を持っている場合はニンテンドープリペイドカード1枚を複数のゲーム機で使うことができません。

また、1つのゲーム機につき2万円までしか保有できません。

使い方

ニンテンドープリペイドカード・番号はニンテンドーeショップでソフトをダウンロードすることができます。

欲しいソフトがあればそのソフトの購入画面の支払い方法にて「ニンテンドープリペイドカード」を選択し番号を入力して購入します。

もちろん、あらかじめアカウントに金額をチャージすることができます。

その他使い道としてマイニンテンドーストア、レコチョク、どこでも本屋さんでも使うことができます。

DAZNプリペイドカード

DAZNの月額料金を支払う前払い式の決済方法で、クレジットカードやデビットカードを持ってなくてもDAZNを楽しむことができます。

種類

カード裏にシリアルコードが記載されており、4つのプランがあり下記がそれぞれの料金になります。

  • 1ヶ月1,925円
  • 3ヶ月5,775円
  • 6ヶ月9,625円
  • 12ヶ月19,250円

6ヶ月の場合1ヶ月分、12ヶ月であれば2ヶ月分利用料がお得になります。

クレジットカードで利用している人でもポイントの還元率より12ヶ月分がお得であればDAZNプリペイドカードの方がお得と言えます。

そして、一時利用停止ができ、コンテンツにより余計な制限がないためよりDAZNを楽しめます。

そのほか、プロ野球、jリーグなどライブ中継で見れるためシーズン分だけ購入することで余分に料金を払わずに利用できます。

地上波やスカパー!と違い試合中からでも巻き戻しができます。

有効期限は発行から6ヶ月となり、カードにも記載されています。

また、DAZNプリペイドカードはDAZNチケットと比べるとマルチメディア端末の操作が不要のためスムーズに利用することができ、手間や時間をかけたくない人におすすめです。

注意点

使い切りのタイプで支払いの延滞とは無縁です。

退会・解約の手続きの必要もありません。

ただ、返金対応がないため、間違えて購入しないよう、必要な分だけ購入するのが望ましいです。

さらに、以下のようにDAZNを利用している場合、DAZNプリペイドカードは使用できません。

  • DAZN for docomoで契約している
  • Apple App Store/Amazon IAP/Google Play Billing/モバイルキャリア決済/ケーブルテレビ局経由で支払いをしている
  • ソフトバンクの特別割引プラン/auスマートフォンと合わせる形でDAZNを利用している
  • DAZNの利用を一時停止している

2022年2月22日(日)00時00分から、月額税込1,925円から月額税込3,000円に値上げされるので、早めのご購入がおすすめになり、注意が必要です。

購入方法は?

コンビニではファミリーマート、セブンイレブン、New Days、ローソンで購入ができます。

そのほか、

  • ケーズデンキ
  • 上新電機
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • エディオングループ(エディオン、100満ボルト)
  • ビックカメラグループ(ビックカメラソフマップコジマ)
  • PCデポ
  • 楽天市場
  • TSUTAYA
  • ドンキホーテ

で購入が可能となっています。

また、ファミリーマートではファミポートにてレシートを発行してレジに持って行き支払う方法もあり、店頭ではほとんどがプリペイドカードをレジに持って行き購入するようになっています。

U-NEXTカード

動画コンテンツ、ブック、音楽配信作品数約14万本日本最多レベルのU-NEXTを利用するために必要な支払い方法の一つです。

U-NEXTカードにはU-NEXTでポイントや見放題に反映させるためのコードが記載されています。

そのコード(8桁の半角英数字)を自分のアカウントで入力することでU-NEXTの利用が可能となります。

種類

カードの種類としては

  • 見放題カード:30日間見放題+1,200ポイント
  • ポイントカード(レンタル作品):550~50,000ポイント
  • ギフトコード:550ポイント、3,000ポイント、5,000ポイント、550~50,000ポイント、7日間見放題+550ポイント、30日間見放題+1,200ポイント

となっています。

7日間だけ見放題もできるため見たい作品だけ集中してお得に見ることも可能です。

また、U-NEXTカードであればクレジットカードを持っていなくても、U-NEXTの利用料金を少しでも安くなり(通常の価格の非課税分の価格)、プレゼントとして利用することができます。

  • クレジットカード:月額2,189円
  • ギフトコード:30日間1,990円

となっており、ギフトコードでの支払いの方が1日あたり4円くらいお得です。

さらに、解約する際に自動更新されないため解約手続きが不要です。

U-NEXTカードの購入方法

コンビニでは

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ

オンラインショップではgiftee、Kiigo、amazonのみの取り扱いとなります。

また、オンラインでお買い求めの際は、

コンビニの場合取り扱い商品として

  • セブンイレブン、ローソン、ミニストップ:7日間見放題+550ポイント
  • 全店舗で購入可能:30日間見放題+1,200ポイント・3,000ポイント・5,000ポイント

となります。

そのほか、ヤマダ電機、ビックカメラグループ、エディオングループ、ドン・キホーテ、東海キヨスクでは550~50,000ポイントが取り扱い商品となります。

一方オンラインでは以下が取り扱い商品となります。

  • Giftee:30日間見放題+1,200ポイント、550ポイント、3,000ポイントのみ
  • Kiigo:30日間見放題+1,200ポイント、3,000ポイント
  • Amazon:30日間見放題+1,200ポイント

GifteeとKiigoについてはメールやLINE、Facebookでコードを送ることができます。

ポイントを選べるタイプの場合レジにて口頭で購入するポイント数を伝えます。

Google Play ギフトコード

アプリ・ゲーム、映画・テレビ・書籍・漫画・ニューススタンドなど数百万のアイテムが勢揃いのGoogle Playとyoutubeでの支払いに使えます。

Google Play ギフトコードからカード裏面に記載されている16桁のコードを自分のGoogle Playアカウントにて入力し、チャージして支払いに利用します。

具体的には

  • アプリの購入だけでなくアプリ内の課金
  • 音楽を聴き放題できるGoogle Play musicに登録

にも利用できます。

また、映画やテレビは最近話題の作品や名作を楽しむことができ、レンタルの有効期限は30日後(再生開始48時間後)となっています。

さらに、書籍・マンガにおいては正規価格よりも20OFFで購入できたり、無料や半額セールが開催されより安く購入できるようになっています。

そして、ニューススタンドでは国内・海外のニュースや雑誌が視聴でき、多くは無料で視聴することができますが、海外の雑誌の閲覧は有料となっており、定期購読や購入がGoogleplayギフトコードでは可能です。

有効期限・手数料がなく、Google Play ギフトコードは前払いでの支払いになります。

そのほか、お友達紹介ですぐに使える200ポイントなどのポイントサービスもあります。

注意点として、Google Playギフトコードをチャージするときにアカウントを共有することができません。

購入方法は?

  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • スーパー
  • 家電量販店
  • TSUTAYA
  • HMV
  • ゲオ
  • ドン・キホーテ

などの実店舗のほかネットであれば

  • Kiigo
  • auオンラインショップ(スマホサイトのみ)
  • au PAYマーケット
  • ドコモオンラインショップ(スマホサイトのみ)
  • 楽天市場
  • LINEアプリ(ウォレットタイプ)

で購入ができます。

Kiigoではコードだけをすぐ取得できるためギフトカードそのものが手元になくても入力でき、注文してから最短5分で使えるでしょう。

また、LINEアプリと楽天市場では100円から1円単位で購入することができるバリアブルコードを購入でき、残高を残すことなく必要な金額だけチャージしやすいです。

さらに、ファミリーマート、セイコーマート、デイリーヤマザキのみコンビニチャージと言って、例えばファミリーマートであればファミポートにてレシートを発行し、レジで指定した金額を支払うことで自動的にチャージすることができます。

ちなみに、店頭でのお買い求めではクレジットカードが利用できます。

Translate »